FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペ・ヨンジュン、『自分の殻を破って、新しい体験をしました』

200505030000281byj1s.jpg


内気な性格のぺ・ヨンジュン。幼い時、人前に立つこともできなかった。
彼の両親は、彼が俳優をしているという事実が、今でも信じられないという。

『台詞一つ、動作一つまで、前もって計算できると安心します。』という彼に、『四月の雪』のホ・ジノ監督との仕事は、兆戦であった。 何の計画もなく、監督の即興的なフィーリングで撮影が進められた。

実際に、雪を固めて壁に投げたインス(ぺ・ヨンジュン)とソヨン(ソン・イェジン)のシーンは、何の指示もなく、『ただ、やってみろ』という監督の一言で進行された。台詞もなく、指示された表情や動作もなかった。

『本当に困り果てました。カメラは回るのに、ただ困って、立っていたんです。』と当時を振り返るぺ・ヨンジュン。しかしホ・ジノ監督は、『いいね。そのぎこちなさが。』 とすぐOKサインを出したいう。不倫の恋が芽生える前の男女のぎこちなさが、このようにして収録された。

すべての撮影は、定められ型の中で演技していたぺ・ヨンジュンの既存スタイルを、全部否定された。しばらくやめていたタバコを、また吸い出したほどである。

回を重ねるごとに、進歩する俳優になりたいというぺ・ヨンジュン。次回はどんな姿を見せてくれるか期待される。

韓国情報発信基地 2005.08.25
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chizuo.blog1.fc2.com/tb.php/810-ee7db079

コメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。